おすすめ商品

特集

商品検索

ショッピングカート

カテゴリ紹介

開田高原からのお便り

お便りをもっと見る

運営者情報

おんたけ有機合同会社

〒397-0301
長野県木曽郡木曽町
開田高原末川4119-2

アクセス
バス開田高原線「中沢」で下車
徒歩5分

TEL 0264-42-1360

営業時間 9:00~16:00


ご案内

  • 2015年04月04日のおたより

    開田高原産えごま入荷しました。

    木曽を代表する郷土料理のひとつに『五平餅』があります。

    名前の由来は、神道において神に捧げる「御幣」の形をしていることから。 また五平、あるいは五兵衛という人が飯を潰して味噌をつけて焼いて食べたのが始まりなど諸説あるようですが、江戸時代中期頃に木曽・伊那地方の山に暮らす人々によって作られていたようです。

    そんな五平餅ですが、結構簡単に作れるようです。 小さいお子さんと一緒に作ってみてはいかがでしょうか?


    五平餅の作り方  材料(5人分)

    うるち米 5合

    えごまダレ

    えごま 100g

    砂糖   90g

    しょうゆ 60cc

    塩 少々

    水 少々


    作り方

    ①米はやや硬めに炊いて、熱いうちに7分くらいにつぶす。

    ②一口大の団子状ににぎる。(円盤型だと焼きやすい)

    ③えごまはかるく炒ってする。

     (炒る目安として、炒っていくと2~3粒がプチプチとはぜるぐらいでよい)

    ④③に残りの調味料を加えて粘りが出るまでする。

     (水の代わりに、お茶を使うと香ばしく、えごまの渋みもとれる)

    ⑤団子をホットプレートなどで、両面を焼き、タレをかけて出来上がり。