おすすめ商品

特集

商品検索

ショッピングカート

カテゴリ紹介

開田高原からのお便り

お便りをもっと見る

運営者情報

おんたけ有機合同会社

〒397-0301
長野県木曽郡木曽町
開田高原末川4119-2

アクセス
バス開田高原線「中沢」で下車
徒歩5分

TEL 0264-42-1360

営業時間 9:00~16:00


ご案内

  • 2015年04月14日のおたより

    焼き上がりました♪

    開田高原では、とうもろこしの生産が盛んにおこなわれています。
    とうもろこしが美味しくなるのには、「昼夜の寒暖の差」が大切。

    夜の気温が高いままだと、糖がでん粉に変わってしまいますが

    気温がグッと下がると、糖が実にそのまま残って甘みが強くなります。

    御嶽山の麓、標高1100メートルに位置する開田高原は

    とうもろこしの収穫を迎える8月~9月は最低気温が10℃を下回り、

    最高気温が30℃になる日が多くあります。その差20℃以上!!

    野菜や果物の甘みを伝えるのに、『糖度』という言葉が使われますが、

    一般的なとうもろこしは14~17%とのこと。

    開田高原のとうもろこしは、品種にもよりますが15~20%にもなります。

    この激しい寒暖差が、甘みのあるとうもろこしを生み出してくれます。

    また、多くの開田高原の農家さんでは、とうもろこしの種を2粒植えるのですが

    途中で生育の良い方だけに間引いてしまいます。

    さらに、その1本の茎から通常2~3本実るとうもろこしを、

    養分を集中させるために、1本のみに間引きます。

    そんな、豊かな自然の恵みと生産者の愛情を「ぎゅっ」と詰め込んだ
    『とうもろこしのパウンドケーキ』が焼き上がりました!

    レンジなどで温めていただくと、しっとりとした中にも

    ほのかなとうもろこしの香りが広がります♪