おすすめ商品

特集

商品検索

ショッピングカート

カテゴリ紹介

開田高原からのお便り

お便りをもっと見る

運営者情報

おんたけ有機合同会社

〒397-0301
長野県木曽郡木曽町
開田高原末川4119-2

アクセス
バス開田高原線「中沢」で下車
徒歩5分

TEL 0264-42-1360

営業時間 9:00~16:00


ご案内

すんき(無塩乳酸発酵漬物)

限定品
商品コード SUNKI-001
通常価格 410
販売価格 410
発送目安指定 1週間以降
数量 必須

お問い合わせはこちらから


2016年すんきのシーズンが始まりました。
早めにかぶ菜を育ててくださった生産者さんから、かぶ菜が入荷しましたので
2016年のすんきを漬け込みました。数量限定で販売します。
※最短発送ご希望のお客様は、日付指定なしでご注文下さいませ。

今後は、赤かぶの生育状況にもよりますが、11月中旬ごろから本格的な販売を予定しています。

2016年9月25日現在


当社の「すんき」は味付けを一切していません。
お味噌汁や温かいかけ蕎麦やうどんなどにトッピングしてお召し上がりください。
ブログにもすんきレシピ公開しています!
「すんき」とは、全国でも木曽地域にしかない、古くから伝わる伝統的な食品で、塩を一切使わず、赤かぶの茎葉を乳酸発酵させて作ります。 「米は貸しても塩貸すな」と云われる木曽谷の郷土背景と、厳しい冬を越すために先人たちの知恵が育んだ、開田高原の冬の保存食です。 長野県選択無形民俗文化財の「味の文化財」やスローフード国際本部の「味の箱舟」として登録されています。

・ストーリー・
塩尻市に隣接する木曽町はその名のごとく塩の道が途絶えた先に位置しており、米は貸しても塩貸すなといわれるほど塩が貴重なものでした。また木曽町開田高原は標高1100mに位置しており、インフラが整う30年ほど前まではは日本のチベットといわれるほど独自の暮らしや文化が息づいてきました。
冬季は氷点下20℃程にまでなる寒冷地で、冬場の野菜不足をしのぐために各家庭で木曽地域の伝統野菜赤カブの葉っぱを木桶に漬け込み味噌汁やそばの具材として食卓で
家族の健康を守ってきた木曽のおかあさんたちの知恵の結晶こそがすんきです。
すんきを漬ける際には前年に漬け込み天日干ししたすんき(現在は冷凍や漬け液を使用)を種として共に漬け込むので何百年にもわたる乳酸菌が受け継がれていることにもロマンを感じます。



〈ご注意〉
・すんきは出来上がったものを“タネ”にして徐々に増やしてつくります。
 そのため一時的に製品在庫が少なくなる場合がございます。
 発送希望日に添えない場合もございますのであらかじめご了承ください。
・写真とは色合いが異なる場合がございます。


商品の詳細情報

商品内容すんき
大きさ180g
原材料かぶ菜
賞味期限100日
保存方法要冷蔵10℃以下
原材料名かぶ菜
メーカー おんたけ有機合同会社
長野県木曽郡木曽町開田高原末川4119-2
その他白く濁ることがありますが品質には問題ありません。開封後は早めにお召し上がりください。

関連商品

お客様の声

  • ★★★★★ 自家製すんきを作ってみました。

    投稿者:ちゃんG

    11月にすんき蕎麦を食べてあまりの旨さに仰天。すんきの袋詰めを購入し途中の直売所でカブも買って帰り漬けてみました。よく洗った葉と茎をザク切りにし直売所のおばちゃんに教えてもらった通り湯通したところに袋のタネを入れて温かい部屋に24時間。できましたできました。ノーベル賞の大村さんではないですが微生物のチカラはすごい!麺類にも合いますがチャーハンや洋風スープにも合います。すんきはすごいぞ!!ちなみに後日、カブが入手できないので同じカブツケナ類の野沢菜で試してみましたがOKでした。

  • ★★★★ すつぱさ

    投稿者:河野年孝

    良いとおもいます

この商品に対するご感想をお寄せください!

コメントを書き込む