おすすめ商品

特集

商品検索

ショッピングカート

カテゴリ紹介

開田高原からのお便り

お便りをもっと見る

運営者情報

おんたけ有機合同会社

〒397-0301
長野県木曽郡木曽町
開田高原末川4119-2

アクセス
バス開田高原線「中沢」で下車
徒歩5分

TEL 0264-42-1360

営業時間 9:00~16:00


ご案内

すんき&えごま油セット(インターネット限定品)

オススメ 限定品
商品コード KAKOU-019
通常価格 5,150
販売価格 5,150
発送目安指定 3~4日後

申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

2014年12月15日放送テレビ東京「主治医が見つかる診療所」で日本古来の
凄い食材として紹介された、日本で唯一の「無塩発酵食品すんき」と「えごま油」

地元で「すんき漬け体験」の講師も務める野口広子さんがつくる夢人市の「すんき」と
開田高原産のえごま100%のえごま油をセットにして20セット限定発売です。


※夢人市の「すんき」も味付けを一切していません。
※発送準備が整い次第の発送とさせていただきます。
  最短でご希望の場合は日付指定をしないことをおすすめします。

すんきは、無塩ですのでお味噌汁や温かいかけ蕎麦やうどんなどにトッピングして
お召し上がりください。ブログにもすんきレシピ公開しています!

「すんき」とは、全国でも木曽地域にしかない、古くから伝わる伝統的な食品で、
塩を一切使わず、赤かぶの茎葉を乳酸発酵させて作ります。 「米は貸しても塩貸すな」
と云われる木曽谷の郷土背景と、厳しい冬を越すために先人たちの知恵が育んだ、
開田高原の冬の保存食です。 長野県選択無形民俗文化財の「味の文化財」や
スローフード国際本部の「味の箱舟」として登録されています。

・ストーリー・
塩尻市に隣接する木曽町はその名のごとく塩の道が途絶えた先に位置しており、
米は貸しても塩貸すなといわれるほど塩が貴重なものでした。
また木曽町開田高原は標高1100mに位置しており、インフラが整う30年ほど前までは
日本のチベットといわれるほど独自の暮らしや文化が息づいてきました。
冬季は氷点下20℃程にまでなる寒冷地で、冬場の野菜不足をしのぐために各家庭で
木曽地域の伝統野菜赤カブの葉っぱを木桶に漬け込み味噌汁やそばの具材として
食卓で家族の健康を守ってきた木曽のおかあさんたちの知恵の結晶こそがすんきです。
すんきを漬ける際には前年に漬け込み天日干ししたすんき(現在は冷凍や漬け液を
使用)を種として共に漬け込むので何百年にもわたる乳酸菌が受け継がれていること
にもロマンを感じます。

えごまとは?
シソ科の植物で、種子は五平餅のタレとして木曽地方で親しまれています。
えごま種子1キロから約300mlほどしか搾れない油には、オメガ3脂肪酸に分類される
αリノレン酸が含まれています。この脂肪酸は細胞が正しく機能するためには不可欠な
ものであることが近年わかってきたそうで、いま注目の食品です。

※熱に弱いので、食べる直前にかけるのがおすすめです。


商品の詳細情報

商品内容すんき200g×5袋(製造者:夢人市)、えごま油110ml×1本
賞味期限すんき:製造日より90日、えごま油:製造日より360日(未開封)
保存方法冷蔵保存10℃以下
原材料名すんき:かぶ菜、えごま油:えごま種子
メーカー おんたけ有機合同会社
長野県木曽郡木曽町開田高原末川4119-2

お客様の声

この商品には、カスタマーレビューはまだ投稿されていません。
この商品に、お客様の声を投稿しませんか?


この商品に対するご感想をお寄せください!

コメントを書き込む